「平成27年度 事業所・企業照会票」とは?

総務省統計局から「平成27年度 事業所・企業照会票」が届きました。
「事業所・企業照会票」とは?

「事業所・企業照会票」とは?

事業所・企業照会票

「事業所・企業照会票のご提出のお願い」という書面が入っています。

「総務省統計局では、商業・法人登記簿情報に基づき、新たに事業を開始したと考えられる事業所・企業を対象に事業の内容等の基礎情報の照会を実施しております。

この照会は、統計法第27条に基づき、我が国の経済政策の基礎となる各種統計の正確かつ効率的な作成や一部の事業所・企業へ統計調査を過度に集中させないことを目的として実施しております。

この度、貴事業所・企業に照会票のご記入をお願いすることになりましたので、お忙しいところ恐れ入りますが、本照会の趣旨をご理解いただき、ご記入いただきますようお願いいたします。

なお、開業準備中、休業中、精算中・廃業の場合につきましても、事業所の活動状態について記入をお願いいたします。(抜粋)」

私の場合、平成27年1月に法人を設立(登記)したので対象となったようです。
提出は任意のようですが、提出することにします。

提出用に返信用封筒が入っていますが、インターネットでの提出も可です。

最近は色々と詐欺が横行しているので、果たしてこれは総務省から届いたものなのか、確認が必要です。⇒問題ないようです。

「事業所・企業照会票」の内容

回答はネットで行うことにしました。
回答期限があります。
私の場合、郵便物が届いたのが10月4日、期限は10月15日。
猶予は約10日間です。

ウェブサイト⇒http://e-keizai.stat.go.jp
IDとパスワードが「事業所・企業照会票」に記載してあります。

サイトにアクセスして「オンライン回答を開始する」をクリック。
回答の流れは下記の通りです。

ログイン

①記入者情報入力

②事業所情報(1)入力(所在地・電話番号等)

③事業所情報(2)入力(従業員数・事業内容等)

④企業情報入力

⑤内容確認・送信

回答完了

事業所の主な事業の内容

回答で問題なのは「7 事業所の主な事業の内容」です。
「記入のしかたを参考に」とあるのですが、文字が小さいですね。
これについは郵便物に「事業所・企業照会票の記入のしかた」が同封されていました。全く同じ内容です。

総務局統計局ウェブサイトも参考するようにとあります。
http://www.stat.go.jp/data/kisojoho/index.html

なぜか「Multiple Choices」というページが開きます。
/data/kisojoho/index.htm (common basename)をクリックすると、ページに「※「7 事業所の主な事業の内容」についての<詳しい記入例(PDF:263KB)はコチラ>」というリンクがありました。
http://www.stat.go.jp/data/kisojoho/pdf/reiji.pdf

私の場合、事業内容は「アフィリエイト(広告収入)」ですが、当てはまるものがありません。

事業所・企業照会実施事務局に電話をしましたが、話し中で通じません。
0800-123-1167(通話は無料です)
※IP電話などでフリーダイヤルに接続できない場合は03-5425-6150(有料)
受付時間 平日(土日・祝日を除く)9:00~18:00

とりあえず、下記を記入。
(1) 主な事業の内容
インターネットによる広告宣伝業
(2) 生産品、取扱い商品又は営業種目
上記(1)で記入した主な事業の内容について、収入額又は販売額の多い順にできるだけ詳しく入力してください
①(株)インタースペース
②(株)ファンコミュニケーションズ
③(株)フォーイット

単独・本所・支所の別

私の場合、自宅=事業所なので、「1 単独事業所」にチェック。
これで終了のはず。

と思いきや、時間がかかりすぎたのか、最初からやり直しになってしまいました。
最も控があるので、大半がコピペで済みます。

「確認する」をクリック

「お手元に回答情報を残しておかれたい場合は、必ずブラウザの印刷機能を使って本画面を印刷してください。」とあるので印刷。

「事業所・企業照会の回答を受け付けました。ご回答いただき、ありがとうございました。
オンライン回答用ID・パスワードが不正に利用されないよう、照会票等の管理にはご注意願います。」

会社設立の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ