法人の銀行口座の開設の審査2

会社を設立したので銀行(三菱東京UFJ銀行)に法人口座の開設に行ったのですが、なかなか審査が厳しいですね。

口座開設の手続きに必要なもの

1月15日(木)に銀行口座の開設手続きに行って、本日(1月19日)に三菱東京UFJ銀行から口座開設許可の電話連絡が来ました。

土日を挟んだので本日になったのでしょう。
一週間かかる場合があるということでしたが、早く連絡が来て良かったです。

店頭に口座開設の手続きに来て欲しいとのこと。
必要なものは、下記の通りです。
・印鑑証明書
※先日、提示しましたがまたいるようです。
・履歴事項全部証明書
※先日、提示しましたがまたいるようです。
・印鑑(銀行印とゴム印)
・本人確認証(運転免許証等)
※先日、提示しましたがまたいるようです。
・100円以上の入金

入金に関しては、同支店の個人口座(事業用口座)に入金した資本金を法人口座に入れるつもりです。
※その場合、事業用口座の通帳もいるようです。

念のため、税理士に確認したところ、それで良いとのこと。
ただ、人によってはとりあえず、一部を入金して残りを後日入金という方もいるようです。

私にとっては資本金は会社設立に必要なので法人口座にまず、全額入金するものと考えていたので今一理解できませんでした。

銀行窓口での手続き

銀行窓口での手続きではまず待たされます。
比較的空いている時間帯を尋ねたら、まず、混んでいる時間帯を教えてくれました。
混んでいる時間帯はお昼時、閉店間際。
開店そうそうの9時頃は比較的空いているのだとか。

明日、さっそく行って来ようと思います。

私の場合、個人事業を始めて4年近くになり、同支店の口座に事業用の口座を開設しており、事業の主な収支が記録されているのですが、これだけでは不足のようです。

ただ、その時に私が取引している広告代理店とのメールのやり取りが残っていれば見たいとのこと。

法人なりのメリット

初めて銀行に口座を開設に行った時もそうですが、銀行としては既に事業を活動しているということが前提になっているかの印象です。
※私は同銀行の他店で住宅ローンの契約をしており、今まで問題はなかったのでマイナス評価にはならないと思います。

これから事業を立ち上げるという人は銀行で法人口座を開設するのは余程のことがない限り難しいのでは思います。

中々慎重ですね。

私は個人事業からの法人なりですが、いきなり法人設立となると、銀行口座の開設は難しいのではと思います。

会社設立の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ