法人の銀行口座の開設の審査3

法人(会社)の銀行口座開設の申請を先日したのですが、昨日、「審査が通った」との連絡が銀行(三菱東京UFJ銀行)から来たので、本日、口座開設の手続きに行ってきました。

口座開設に必要なもの

昨日は出先で口座開設の許可の電話連絡を受けました。
その時、必要な書類を控えなかった為か、「必要」と聞いたはずの書類が本日は必要ありませんでした。

しっかりと控えておかないといけませんね。

印鑑証明書、履歴事項全部証明書、本人確認証(運転免許証等)が「必要」と聞いたつもりだったのですが、これらは先日、既に提示しています。
「また、いるのか?」と思っていたのですが、必要ありませんでした。

今回、必要だったものは前回必要なかった印鑑(銀行印)です。

それと私が取引している広告代理店の振込等のメールを見たいというのでスマホで提示したのですが、メールに記載のあるログインして契約が分かるものを見せて欲しいというので、「そこまで必要?」と聞くと申込みの時に応対した行員に確認して必要なしとなりました。

後は、「普通預金申込書(法人等)」、「BisSTATION Light利用申込書」、「BisSTATION/BisSTATION Lightお申込みにあたってのご確認シート」等に記入や捺印を行いました。
※「BisSTATION」は所謂、法人用のネットバンキングです。
「BisSTATION」と「BisSTATION Light」の2種類があるのですが、「Light」は無料で使えるプランです。ただし、使える機能が限られています。

それからキャッシュカードの申込み。
キャッシュカードや「BisSTATION Light」に関する資料は後日(1週間~10日)、郵送で送られてくるそうです。

結局、9時過ぎに銀行に行って、待ち時間なしで手続きに約1時間かかりました。

会社印

私は会社の印鑑を作る時に、会社名と住所等が入ったゴム印は作らなかったのですが、あると便利なようです。

会社名が入った角印は作っています。
口座開設では使いませんでしたが、今後、使う機会は出てくるでしょう。

なつ印マット

私は印鑑を上手に押せないのですが、最低必要なものが「なつ印マット」というものです。
印肉も必要です。

そして、押し方。
窓口の銀行印に押し方にコツがあるのか尋ねたのですが、教えてくれませんでした。

名前が違う

法人の通帳には会社名と代表者の名前が入ります。
渡される時に「名前に間違いがないか確認して下さい」と言われ、チラリと会社名を確認したら、間違いありませんでした。

しかし、帰ってから代表者の名前(私)を見ると漢字が1文字、間違っていました。

私の名前は1文字間違われることがよくあります。
うっかりしてました。店頭で念入りに見ればよかったです。

銀行に電話を入れて事情を話すと折り返し担当者から電話がありました。
恐縮の体で、正しい通帳を自宅にお持ちするというのですが、私は社会保険の届出書等に銀行の確認印を押してもらう必要があるので、銀行に行った時に通帳を交換してくれればいいと言うと、「いつ?」と聞くので「明日」と答え、明日、処理することになりました。

会社設立の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ