法人用クレジットカードの審査

個人事業主の時もそうですが、個人と事業のお金は分けて管理する必要があります。其の為に事業専用のクレジットカードと銀行口座。
ただ、法人は個人と違い、クレジットカードの審査は難しいと聞きます。
審査に通りやすい法人用のクレジットカードはどれでしょうか?
ネットで調べてみました。

アメリカンエキスプレスカード

「アメリカンエキスプレスは設立したばかりの会社でもカードを発行してくれる、JCBやその他は原則的に2~3年黒字を維持していることが発行条件である」とネットでは流布されているそうです。

噂通り、一番審査に通りやすいようです。
ただ、アメックスは国内では使えない所が多いそうなので、実用的ではありません。

JCB法人カード

日本国内で広いシェアを獲得していると言われているJCBの法人用クレジットカードです。

私は個人や個人事業ではJCBカードを使っているので、法人用もJCBでカードを作りたいものです。
※これについは後追い記事を後日アップの予定です。

JCB法人カードの審査基準は明らかではありませんが、申込時の連絡先は固定電話であることが必須のようです。

ネットでは会社設立後2~3年以上経っていて、かつ黒字を維持していなければならないという言われているようですが、そうでない方も審査にパスしています。
AMERICAN EXPRESS、JCBカード以外に審査に通りやすいカードは、楽天ビジネスカード(VISA)、Diners Club、オリエントコーポレーション、クレディセゾンのようです。
※JCBカードの審査が通らなかった場合は、楽天ビジネスカード(VISA)に申請してみようと思います。

法人カード申請に必要な書類

法人カード申請には次のものが最低限、必要です。
1.銀行口座(法人名義のもの)
2.履歴事項全部証明書(原本)
3.印鑑登録証明書(原本)
4.本人確認書類(免許証等)

商業・法人登記関係の証明書は法務局の管轄になります。
ただ、証明書が必要な都度、法務局に行くのは手間です。
(私の場合、最寄りの法務局まで車で30分かかります。)

調べてみると「登録ねっと」というサイトがありネット上で証明書の交付が出来るようです。
※これについては後日、実際に利用した感想等を記事にアップします。

審査が厳しい法人カード

法人としての信用で発行されるカードは、新設の法人ではつくれないことが多いです。
例えば、三菱UFJニコスのカードは、3年以上の業歴と2期以上の黒字を求められているそうです。

今回は法人カードを取り上げましたが、法人カードはあると便利ですが、必須ではありません。
代表取締役の個人名義で取得したクレジットカードを法人用のカードとして代用しても問題はないということです。

会社設立の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ