「ひとり社長の経理の基本」の口コミ・感想

「ひとり社長の経理の基本」の内容、読んだ感想(読後感)、レビュー、クチコミです。「経費の落とし方」から「決算・申告」まで!この1冊で全部できる!

内容紹介

3ステップ経理術で、明日からできる!この本で、会社のお金をしっかり守る!「ひとり社長」が知っておくべき経理の基本を徹底解説!特別付録・経費かどうかがわかるシート。
※Amazonの「内容紹介」等より抜粋

目次

第1章 9割の社長が知らない「経理のホント」
第2章 3ステップ経理術 ステップ① 集める
第3章 3ステップ経理術 ステップ① 記録する
第4章 3ステップ経理術 ステップ① チェックする
第5章 超簡単!「決算・申告」はこれでOK!

著者&出版社

●著者:井ノ上 陽一
税理士
●単行本(ソフトカバー): 292ページ
●出版社:ダイヤモンド社 (2014/4/25)
●内容(「BOOK」データベースより)

口コミ

●Amazonカスタマーレビュー(口コミ)では5つ星のうち 4.8(5件)と高評価です。

●感想・読後感
私の中では本著に対する評価は低いのですが、Amazonレビューが高評価なのは意外でした。

本書は恐らく株式会社の1人社長に経理を税理士に丸投げしないで自分ですることを勧めています。

そう言いながら、簿記の勉強をしなくて良い(簿記検定の資格は必要ない)とも言います。

しかし、簿記の知識のない方が会社の経理処理をできるとは到底思えません。

私も「ひとり社長」です。
簿記の知識があり、個人事業は一人で確定申告をやっていました。
しかし、法人化すると個人事業とは内容は変わります。
ます、法人の確定申告は素人には無理だと思います。
(「無理」と税理士の先生がおっしゃっていましたし、そうだと思います。)

知識と経験のある私でも法人化すると色々と分からないことが出てきます。
結局、税理士と顧問契約を結んで分からないことは税理士に相談しています。

ネットで情報を基本的に探しますが、何が正解かよく分かりません。
それ以上に本来の営業活動以外に会計処理で時間を取られるのはロスだと最近は考えています。

「会計処理」をしないと「経理」が分からないというのが著者の主張なのですが、大事なことは必要なデータを分析することなので、それまでの作業は税理士にまかせれば良いと思います。

専門分野は専門家に任せ、時間をお金で買うというスタンスです。
利益が上がれば上がるほど、税金も増えるので、顧問料を払って経理処理は税理士に任せれば良いと思います。

私には参考になりませんでした。
ひとり社長の経理の基本

会計の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ