法人の会計:領収書は必要?

法人の会計では領主書(領収証)が基本、必要になります。
ただ、会社に必要な商品をインターネット(オンライン)で注文しクレジットで支払った場合、領収書が出ない場合もあります。
今回は領収書全般について取り上げます。

レジットカードの明細

クレジットカード支払いの場合、クレジットカード会社から明細書が送られてきたり、Web明細で確認できたりします。

そして、クレジットの支払いは銀行の口座から引き落としされます。

それでは、クレジットカードの請求明細と銀行の通帳があれば、領収書は必要ないかというと、領収書は基本的に必要となります。

会社によっては領収書は発行しないというところもあります。
その場合、どうすれば良いのでしょうか?

領収書が発行されない場合

例えば、ホームページの独自ドメインの「ムームードメイン」の場合、「請求書・領収書の発行は行っておりません。予めご了承ください。」とHPに明記されています。

しかし、メールで入金の連絡が届きます。
以下は「ムームードメイン」のメールの文面です。
「ムームードメインをご利用いただき、誠にありがとうございます。
以下のご契約についての入金確認が完了いたしました。・・・」

このメールの文章を印刷して領収書代わりに使います。

ネット通販の場合

「領収書」は「信書」に当たるようで、郵便局以外の郵便物には同封できないようです。
それもあってか、ネット通販で商品を購入した場合、領収書は入っていません。

商品といっしょに同梱されている納品書等に販売店の連絡先が記載されているので、電話で問合せをすると領収書を送付してくれるか、入手方法を案内してくあれます。

もっとも、ネットで商品を注文する時に備考欄に「領収書希望」等と記入しておくと、何らかの形で領主書を発行してくれます。

レシートと領収書

店頭で支払いをするとレシートをもうらことがありますが、レシートに替えて領収書を発行してもらう必要はあるのでしょうか?

これについてはあえて領収書を書いてもらう必要はなさそうです。
領収書よりレシートの方がはるかに多くの情報が記載されています。

気になるのは宛て名ですが、これはあまりこだわる必要はなさそうです。
レシートの場合は宛て名は無いわけですし、領収書を書いてもらう場合も「上様」でも「会社名」でもどちらでも良いようです。

会計の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ