「あなたの会社の社会保険料はこれだけ減らせる」口コミ

『選択制確定拠出年金」の導入であなたの会社の社会保険料はこれだけ減らせる』と言う本を読んだ。
「あなたの会社の社会保険料はこれだけ減らせる」の口コミです。

「導入サポートのプロが教える会社のための選択制確定拠出年金を上手に導入する方法」との違い

読んでいる内にどうも既視感があるなあと思ったら、先日読んだ「導入サポートのプロが教える会社のための選択制確定拠出年金を上手に導入する方法」の焼き直しであった。
「選択制確定拠出年金を上手に導入する方法」口コミ

出版が2011年と2016年と5年あいているが、内容の80%以上は同じ。
「改訂版」とすべきだろう。

「あなたの会社の社会保険料はこれだけ減らせる」の欠陥

「あなたの会社の社会保険料はこれだけ減らせる」と「導入サポートのプロが教える会社のための選択制確定拠出年金を上手に導入する方法」は基本、同じ内容の本だ。

法改正等で記述の書き直しがある程度。

そして、共通して抜けているのが、「選択制確定拠出年金」導入に要する費用。

肝心な部分が抜けている。

いくら、会社が支出する社会保険料が減ると言っても、初期導入費用に10万円以上、月額費用も5000円以上かかる。

こういった情報をあえて載せていないのなら、タイトルといい、この著者は誠意があるようには思えない。

その点、『会社も社員も喜ぶ!「社会保険料」の節減』には、「選択制確定拠出年金」に1章あてているが、導入費用がきちんと書かれている。

役員の「社会保険料」の節減方法とは?

『会社も社員も喜ぶ!「社会保険料」の節減』がおすすめ

この本はまとも?な本だ。
タイトルに偽りはない。

「社会保険料」を減らす方法があの手この手で紹介されている。
ただし、その方法のほとんどが雇用が発生している社員の社会保険料の節減についてなので、私のように役員のみの会社で参考になるのは、「選択制確定拠出年金」の記述のみであった。

しかし、100%「選択制確定拠出年金」の本である「導入サポートのプロが教える会社のための選択制確定拠出年金を上手に導入する方法」より1章割いているだけの『会社も社員も喜ぶ!「社会保険料」の節減』の記述で十分理解できるのは何とも皮肉な話。

いずれにしても、余程知識がないと、専門家の力を借りないと「選択制確定拠出年金」は難しいと言える。

結局、社労士のサポートが必要になる。

保険の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ