「絶対節税の裏技77」口コミ・評判

「絶対節税の裏技77」というマニュアルを購入しました。
ネットの口コミ・評判は絶賛のオンパレードだったのですが、実際のところは?
正直な感想を公開します。

「絶対節税の裏技77」を購入した理由

私は1月(2015年)に個人事業を法人化しました。
何故、法人なり(会社設立)をしたかというと、第一に「節税」です。

私の事業内容では対外的な体裁は一切、問題がありません。
ですので、株式会社ではなく合同会社にしました。
こちらの方が設立費用も安く、運営も楽だからです。

「節税」については事業を始めた時から、絶えず頭にあります。
売上がさしてない時に「個人事業」の開業届をしたのも将来的な「節税」を考えてのことです。

従って、節税に関する本は結構、読んでいます。

今回、「絶対節税の裏技77」に関心を持ったのは、次の3点です。
1.今月が決算月だが、かなり利益が出て、何もしなければ税金(法人税)に持って行かれてしまう。
2.顧問税理士に節税のアドバイスを求めても参考になる回答をもらえない。
3.「絶対節税の裏技77」を購入した人の評判が良い。

特に目を引いたのが次の口コミです。
「価格以上の価値がある。(何倍もの節税になる)」
「節税関連の本に書かれていない内容、ここまで書いていいのか?」

「絶対節税の裏技77」の評判が良い理由

ネットで「絶対節税の裏技77」を調べるとよい評判しか出てきません。
絶賛と言って良いかもしれません。

しかも、良い感想の数が多い。
それは、購入して分かりました。

マニュアルの最後に「アンケート用紙」がついています。
アンケートには、
“お客様から頂いたアンケートの内容、会社名、お名前を「お客様の声」として弊社資料などに掲載させて頂いてもよろしいですか?→はい・いいえ”
とあり、
“「はい」にチェックを入れて頂いた方には、DVD1枚「あなたの年収を2年で3倍にする方法」、CD4枚「なぜ、あの会社は成長し続けることができるのか」、「いつの時代もライバルを圧倒する強い商品の作り方」、「いつの時代もライバルを圧倒する生きたお金の使い方」、「いつの時代もライバルを圧倒する強い組織の作り方」をプレゼントします。”
という記載がありました。

これだったのですね。
どうりで良い評価の口コミ件数が多いわけです。

著者の三田村元宣税理士は商売がうまいです。

しかし、口コミは偽りではありません。
まさにその通りだと思います。

ただ、良いことしか書いていません。
私は良いことだけでなく正直な感想を次に書いてみます。

「絶対節税の裏技77」は値段だけの値打ちがあるのか?

ただ、ネットの口コミはステマの場合もありますので信用がおけません。
まして、マニュアルは3万円近くと高額です。
購入には躊躇しました。

しかし、経費は余っています。
使わなければ税金に持って行かれるだけです。
そこで、思い切って購入することにしました。

正直なところ、節税関係の本には書かれていない内容です。
本を10冊読んでも得られない情報だと思います。

節税の裏技が77個、公開されています。
ただ、全てが当てはまるわけではありません。

まず、このマニュアルの対象者について下記の記述があります。
「本書は青色申告をしている、資本金が1億以下の中小企業を基本的な前提としています。」

私は上記の前提に当てはまりますが、下記の内容は中小企業を基本的な前提と違うところです。
①従業員を雇用していない
②仕入れがない
③不良債権はない
④金融機関からの借り入れはない
⑤減価償却資産はない
⑥その他
従って、これに関する節税方法は参考になりません。

最も、一般的な中小企業はモノを仕入れて販売するのが普通なので、私のケースがケアなケースなのかもしれません。

「裏技」というので気をてらった法律スレスレの方法かと思ったら至極、真っ当なやり方でした。

ただ、この方法が通用するかどうかは会社の状況によるので、”ここに書いてある方法を実行する場合には、【必ず】顧問弁護士、または、弊社までご相談の上、ご実行下さい。”とあります。

私の会社(個人会社)は今月が決算月であり、今月中にできる節税方法を知りたかったのですが、できる方法が1つありました。
これで60万円程、節税できそうです。

他にも試せる節税方法がいくつもあるので、私には購入代金の20倍以上の価値があったと言えます。
絶対節税の裏技
【中小企業の節税を考える税理士の会】が節税ノウハウを提供しています
お申し込みはこちら

節税の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ