« 体温計はどこで購入するのか? | メイン | 加齢臭とは? »

体温計の測り方

体温計の測り方の説明書をみると、色々注意事項が書いてある。
正確にはかるのに10分かかる?
そんなにかかるのか?

第一、過去、体温を計るのに体温計の説明書を読んだことはない。
しかし、今回は、読まないと使い方が分からない。
そこで、10分待つ間に内容を読むことにする。

体温計のはさみ方。
計り方。
体温を計るタイミング。
などが記載されている。

体温を計るタイミングが重要。

こんなとときは正しく測れません

1.運動や入浴、飲食の食後・・・30分以上あけましょう。
2.長時間布団の中にいたりして、わきの下が汗ばんでいるとき・・・わきから汗をきれいにふき取りましょう。
3.起床後すぐに動き出した時・・・起床後、動く前に測るか、動き出してから30分以上時間をあけましょう。
※起床直後に動き出した時は、体温が高くなり、変動がおおきくなっています。

結局、いつ測れば良いのか?
毎日計るなら、「起床後、動く前」が良いようだ。

そして、今。
駅から20分ほど歩いて帰ってきたのだがどうなのだろうか?

10分たったのか、「ピピピピィ」と音が3回鳴った。
検温終了である。

さて、何度か?

35.7℃?
ひっく~(低い)!

私の予想では、36.5℃はあるだろうと思っていたのだが、見事に期待を裏切られた。

【関連記事】