« 体温計の測り方 | メイン | 加齢臭の原因 »

加齢臭とは?

私は最初、加齢臭をカレー臭だと思っていた。
何しろ、自分の体臭?汗の臭いがカレーの臭いがするからだ。
しかし、これはカレイ違い。
本当は加齢(かれい)臭であったのだ。

さて、加齢臭とは?
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&dname=0na&dtype=0&stype=1&p=%E5%8A%A0%E9%BD%A2%E8%87%AD&index=04526921672100
Yahoo!辞書によると、

「加齢臭とは・・・中高年に特有の体臭。男女差はなく、加齢とともに増加する。皮脂中に脂肪酸が増え、ノネナールができることが原因。」

原因と事態は分かった。
しかし、どんな臭いなのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E9%BD%A2%E8%87%AD
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「加齢臭(かれいしゅう)は、中高年特有の体臭の俗称。
2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナール(C9H16O)であることが発見された。この体臭は、資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられた。

この体臭成分は青臭さと脂臭さを併せ持つ。男性のみとの誤解も多いが、男女ともに40歳代以降にその傾向が見られる。加齢臭の原因となっている物質にノネナールというものがある、加齢とともに増加しノネナール発生の原因となる物質は、9-ヘキサデセン酸である。これは、脂肪酸蝋燭(ろうそく)・チーズ・古本のような臭いがする。喫煙者の場合、非喫煙者に比べて悪臭が強くなる傾向がある。ノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料またはミョウバン溶液で抑えることができる。

なお、30代から現れる臭いはペラルゴン酸が原因であり、加齢臭とは異なるものであることがライオンにより明らかになっている。」


http://www.kareishuu.net/knowledge/what.html

どうやら、加齢臭は40歳代以降に生じる体臭のようだ。
それでは、30歳代の場合は?
20歳代の場合は?
はたまた10歳代(思春期)の場合は?
そして、老人臭とは?・・・50歳代から

そういえば、60歳代の知人がお酒を飲んだ時にチーズ臭い(鼻をつまみたくなる)におい(体臭)を発散させていた。
あれば、加齢臭であったのか?

【関連記事】