« 加齢臭とは? | メイン | 中古DVDのオンライン(ネット)購入サイト »

加齢臭の原因

加齢臭の原因をさらに細かくみていこう。

ノネナールは脂肪酸が過酸化脂質と結びつくことで作られている・・・ということは、前に述べました。この過酸化脂質が増えるのは、活性酸素が体内に大量発生したときです。その要因として、ストレスがあげられるでしょう。

加齢臭の原因を減らすには、まずノネナールを減らさなければなりません。ノネナールの生成を抑えるためにも、抗酸化作用のある食べ物を摂りましょう。ビタミンCやEには強い抗酸化作用があるので、これらを多く含む食品(ほうれん草やかぼちゃなど)がオススメです。

加齢臭の原因ともいえる動物性脂肪は、体内で酸化することによってニオイを発生させます。酸化させる原因として飲酒や喫煙、ストレスなどがあげられるでしょう。これらは生活習慣病の原因にもなり兼ねないので、なるべく控えるよう心がけてください。

喫煙によって体臭がきつくなるのは事実です。喫煙に含まれるニコチンが発汗を促し、一時的に体臭が強くなるとされています。また、タバコは体内のビタミンを奪ってしまうため、体臭や加齢臭に効果的とされるビタミンを大幅に失ってしまうことに。

香水には消臭効果がなく、あくまで一時的な「誤魔化し」に過ぎません。よって、汗が多量に生じる場所(脇の下や背中など)につけると大変な悪臭を放つことも。また、加齢臭は外側よりも内側からのケアが有効とされています。生活習慣や食事を改善するなど、カラダの内側からケアしていきましょう。

私はコレステロール値が高い。
また、脂性で顔を脂でギトギトだ。
脂肪の小さなかたまりも首筋に出来たりしている。
かなり、脂肪分が多そうな体である。

それでは、それでは、便臭は加齢臭とは違うのか?

【関連記事】