中小企業倒産防止共済「一時貸付金」を借りて早1年。
償還金(貸付金)振込票が郵送で届いた。
一括返済が無理な場合は、借換えも可能だ。
但し、利息がかかるし、手続きも手間。
結局、親族からお金を借りて返済することに。
但し、いざ返済の時点で問題が発生。
実際にやってみて分かった中小企業倒産防止共済「一時貸付金」を現金で振込むベストな方法をご紹介致します。

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の借換え

中小企業倒産防止共済とは?

中小企業倒産防止共済とは、中小企業の「倒産防止」を目的とする共済制度である。
【関連記事】
中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の借入方法【分かりやすく解説】

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」とは?

中小企業倒産防止共済には、「一時貸付金」という制度があり、借入限度額は、掛金納付月数と掛金総額によって異なる。

【一例】
掛金総額が800万未満の場合は、掛金納付月数が40ヶ月以上で掛金総額95%*×95%=90.25%が最高となる。
*掛金納付月数によって%は異なる

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の借換えとは?

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」は、一括返済の他に借換えが可能だ。
借換えには3つのパターンがある。

●同額で借換え
●増額して借換え
●減額して借換え

いずれにせよ、借換えした金額に対して金利がかかってくる。

札束2

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の借換えに必要な書類

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の借換えには以下の書類を提出する必要がある。

●中小企業倒産防止共済「一時金貸付金請求書」「金銭消費貸借契約書証書」
●印鑑証明書1通(3か月以内発行の原本)
●収入印紙
●中小企業倒産防止共済契約変更届出書*
*届出事項(住所・代表者氏名等)に変更がある場合は、該当箇所に記入・押印の上、登録取扱期間で確認印を受けて下さい。

以上が、借換えの手続き内容である。
中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の返済請求書が届いた時点で借換えも検討したが、身内からお金を借りる当てが出来たので、一括返済することにした。
しかし、問題が発生。

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」を現金返済する方法

中小企業倒産防止共済「一時貸付金」の返済には2つの方法が考えられた。

●身内の銀行口座からネットで振込をしてもらう。
●銀行のATMまたは窓口で現金で振込む

身内の銀行口座からネットで振込をしてもらう。

身内の銀行口座からネットで振込をしてもらう場合、問題は振込元が他人の口座であるという点。

振込書類には振込時に「番号」と「依頼人名」を記入とあった。

そこで、中小企業基盤整備機構に電話で問合せを行った。

最初に出た男性が頼りになく、質問の度に他の人に聞いているので分かる人に代わってもらった。

今度は女性が出たが、上から目線の喋り方。
結論的には、他人の口座であろうが、「番号」と「依頼人名」が入れば良い。
但し、途中で切れた場合は、確認できない(あるいは調べるのに時間がかかる)とか。

但し、これは自分の口座から振込んだ場合でも同じだ。
*「依頼人名」は法人である。

とりあえず、他人の口座からの振込はパス。
現金で振込むことにした。

ATMで現金を振込む場合の問題点

ATMで振込む場合の問題点は振込金額が10万円を超える場合、本人確認書(運転免許証、健康保険証)が入る点。
さらに、法人の場合はあわせて登記簿謄本、印鑑証明書の提示が必要になるとある。

この場合、最新の登記簿謄本、印鑑証明書を取得しないといけないのだろうか?

そこで、とりあえず銀行に行ってみた。

銀行窓口での対応

法人口座は三菱UFJ銀行だが、振込先は三井住友銀行だった。
では、三井住友銀行に行った方が良かったのか?

ATMで振込を行う場合

まず、ATMで10万円を超える振込を行う場合、前述の通り、本人確認書(運転免許証、健康保険証)及び法人の場合は、登記簿謄本、印鑑証明書の提示が必要。
*登記簿謄本、印鑑証明書は3か月以内のもの。

しかし、法人口座を介するとそれらは必要なくなる。

法人口座にお金がある場合

法人口座に貸付金の返済が出来るお金がある場合、振込の機械で振込が出来る。
必要なのは振込用紙と法人口座のカード。

法人口座にお金がない場合

今回、取ったのがこの方法である。

法人口座に預け入れ

身内から借りたお金をまず、ATMから法人口座に入金。
一度に入金できるのは200万円まで。
今回の返済金額は230万円であったので、200万円と30万円の2回預入を行った。
次に法人口座から振込を行う。

法人口座から振込

法人口座からの振込方法は前述の通り。
尚、振り込み専用の機械で行った。

窓口の場合、書類を記入する必要があるが、ATMの場合はその手間がない。
もっとも、預入+振込は必要だが。

以上は法人口座がある三菱UFJ銀行でおこなった。
係の人が付いてくれたのでスムーズに行なえた。

振込手数料は330円。
窓口で手続きを行うより安い。

結論

10万円以下の振込であれば、振込先の銀行から振込を行った方が振込手数料は安く済むが、振込金額が10万円を超え、依頼人が法人である場合は、法人口座がある銀行から振込む方が、断然、楽である。
【中小企業倒産防止共済「一時貸付金」関連記事】

税務調査の相談と対策
税務調査などの税務問題に悩む経営者・相続人・税理士の方へ
元国税調査官で全国の税理士から税務相談を受ける税理による税務相談!
詳細>>元国税調査官の税理士が税務調査の相談を受付中