りそな銀行の口座開設の手続きをスマホのアプリを行ったところ、勤務先の電話番号を入力する画面で、固定電話しか登録できない為、拒否られた。
店頭でも同じく、勤務先の電話番号が固定電話でないと口座開設が出来ないのか?
それを確認すべく、りそな銀行の店舗で口座開設の手続きを行った。
りそな銀行の店舗で口座開設

りそな銀行の口座開設方法

りそな銀行の口座開設には3つの方法がある。

●りそな銀行の実店舗で口座開設
●スマホのアプリで口座開設
●郵送で資料を送付

「郵送で資料を送付」の場合、書類を送る手間と時間がかかる。
よほどの事情がない限り、これを選択する事はないと思われる。
りそな銀行
出典元:りそな銀行

りそな銀行の実店舗で口座開設

必要な物

最寄りの店舗に電話で確認したところ、以下のものが必要。

●写真入り本人確認証(運転免許証等)
●印鑑
※シャチハタはNG

営業時間

りそな銀行は都市銀行が9時から3時までなのと違い、9時から5時まで営業している。

私の営業時間が3時までだと、必要な時に時間外になることが多い。
※新札に両替する時は営業時間内でないとATMではできない。

その点、りそな銀行は5時まで営業なので嬉しい。

口座開設の手続きに要する時間

最寄りの店舗に電話で確認したところ、口座開設に要する時間が約1時間。
「遅くとも午後4時半までには銀行に来てほしい」とのこと。

スマホのアプリで口座開設

りそな銀行の口座開設はスマホに専用アプリをインストールして行える。
PCからは口座開設はできない。

りそな銀行口座開設アプリ

スマホのアプリで口座開設は「りそな銀行の実店舗が近くにない」「店舗に行く時間がない」といった方に便利。

但し、デメリットもある。

●キャッシュカードが届くまで2~3週間かかる。
●勤務先の電話番号は固定電話しか登録できない

▶りそな銀行の開設をスマホで行った顛末は⇒りそな銀行の口座開設をアプリで行うが、途中で手続き不可になった件

りそな銀行の店頭で口座開設

駅前にあるが、近くのUFJ銀行に比べるとやや狭い。
自動扉から中に入ると、すぐ、インフォメーションがり、担当者が寄ってきた。
これはこれで良いのかもしれない。

口座開設の理由

口座開設の理由はスマホのアプリでもしかり、必ず聞かれる。
聞く決まりになっているようだ。
これは、詐欺関連の口座開設を警戒する為だと思われる。

私の場合、「振込に利用していた銀行が近くに店舗が無い為」「りそな銀行は振込手数料が安いから」と伝える。

口座開設は1人1口座

実は私は以前、りそな銀行に口座を持っていた。
しかし、使わなくなって休眠口座扱いになる前に解約。
今は口座がない。

今、口座が無いなら、以前、口座を開設したことがあっても、口座開設はできる。

口座開設に必要な物

まず、写真入り本人確認証。
運転免許証を渡す。

「印鑑」は必須ではない

事前に別の店舗に電話して確認した時には「印鑑」が必須であった。
ところが、「無印鑑」でも口座開設が出来ると言う。

これは初耳である。

「無印鑑口座」と「印鑑あり口座」の違いは?

なぜ、「無印鑑口座」で口座開設ができるのか?
それは、登録した印鑑が必要になった時、「どの印鑑を登録したか不明」「登録した印鑑を紛失した」といった人がいるからだという。

その点、「無印鑑」だと、「印鑑」の事を考える必要が無い。

「無印鑑」のデメリットは何だろうか?
それは店頭で何かの手続きを行う時に「キャッシュカード必要」だということ。

しかし、「キャッシュカード」はかさばらないし、問題ではない。
印鑑は持参していたが、「無印鑑」にした。

勤務先の電話番号

口座開設の申込書類を書いていると、勤務先名と勤務先の電話番号を記入する欄があった。

私は自宅を会社(勤務先)にしており、固定電話は必要ないので、つけていない。
その件を伝えると、個人の電話番号(携帯)で良いとのこと。

あっさりと、勤務先の電話番号をクリア。
※スマホのアプリでは固定電話でないと口座開設できない。

通帳のある・なし

通帳は「あり」か「なし」を選択できる。
銀行は最近、通帳に関する維持費の削減を目的に「通帳なし」を進めている。

通帳無しのデメリット

●通帳の記録が保存される期間は限られているので、必要な場合は印刷が必要。
●スマホの場合、1ヶ月ごとしか表示しない。

通帳無しのメリット

●通帳が無いので、通帳を持ち運ぶ必要がない。
●勿論、記帳の必要もない
●利用状況でポイントが貯まる。

元々、今回、口座開設の理由は「振込に使っていた銀行が近くない」ことだが、その店舗はあるものの数は少なく、ネット銀行に近い。
その為、通帳はなかった。

その銀行から、りそな銀行に口座を変えるだけなので、通帳が無くても何ら不便はない。
「通帳なし」にした。

期間限定でクラブポイントを500pもらえるようだ。

キャッシュカードの種類

りそな銀行のキャッシュカードは「りそなデビットカード」という。
口座から直接、支払ができる。

それ以外にJALマイルが貯まる「JMB」と、普通のカードがある。

私はJALを利用する機会はないので、普通のキャッシュカードにする。

「りそなグループ」ワンタイムパスワード

振込時のセキュリティで、ワンタイムパスワードを入力するが、その場合、スマホで別のアプリを立ち上げるか、パスワードを確認する小さい機械を使うかを聞かれる。

他行では、パスワードを確認する小さい機械(名前は何だっか?)を使っている。
スマホに別のアプリを入れるのも気が進まないので、機械でパスワードを確認することにする。

「りそなグループ」アプリ

口座開設の入力が済む間、「りそなグループ」アプリのインストールを勧められる。

りそな銀行グループアプリ
「りそなグループ」アプリでは、口座の入金明細や振込が出来る。

但し、途中で「口座番号」の入力画面が表示された。
これは、キャッシュカードが出来ないと分からないので、一旦、中断。
※その後、店頭で続きを行い、無事完了。

尚、PCで出金の明細の確認や振込をする場合は、別に登録する必要がある。

口座開設に要した時間

口座開設に関し、以下の事を行った。

●行員による聞き取り・説明
●口座開設の申請書に記入
●PCの画面を見ながら、入力の確認

途中でNISAの話があり、「つみたてNISA」に興味を持ったので話を少し聞いたりして、結局、口座開設には1時間程度かかった。

口座開設に入金は不要

銀行の口座開設と言えば、今までは必ず、お金の入金を要求された。
しかし、りそな銀行の場合、入金は必要ないとのこと。

りそな銀行の口座開設【まとめ】

以前は銀行で口座開設と言えば、銀行に行って、身分証明書と印鑑を出して後は手続き完了であった。

久しぶりに銀行で口座開設をして色々、世の中が動いていることが分かった。
以前(一昔前)は無かったサービスが増えている。

●通帳なし
●無印鑑口座
●ワンタイムパスワード
●スマホのアプリで入出金の確認・振込
●口座の利用でポイントが貯まる

スマホのアプリで口座開設を試み、最後の最後に勤務先の電話番号を入力する画面で固定電話が無い為、口座登録を拒否られ、りそな銀行のコミュニケーションセンターの対応もイマイチだったので、一時はりそな銀行で口座開設する意欲がなくなっていた。

しかし、店頭では気持ちの良い対応をしてもらえた。
実際に店頭に足を運んでみないと分からないものである。

りそな銀行で口座を開設するなら、実店舗の店頭で行うのがおすすめだ。